<< 「技術選予選体験記5......大会その1」 | main | 「やっぱり今シーズンはこんなもの」 >>
「技術選予選体験記5......プロローグ」
昨年の大会が終了して、昨シーズン後半に今シーズン向けて、大会で発見された自分の足りない部分を鍛えるために、5月の後半まで滑り込んだ。

とはいえ、ゴールデンウィークには一日もスキーを履かなかったし、4月も昨年は雨が多くて、歯がゆい滑り込みではあった。

そして、シーズンオフになって、千葉県の湾岸地区にあった大型冷凍庫も営業停止から解体という寂しいこととなって、体力維持もかねてインラインスケートでイメージ作りに専念。

過去に、インラインで滑り込み過ぎてスキーの感覚が鈍ってしまったこともあったので、アタマの切り替えを上手くしなくては、と思いつつ真夏の焼け付いたアスファルトの上を走り回って、わりと上手くインライントレーニングができたのか、初滑りでスキーを履いても全く違和感を感じず、滑走感は鈍っていなかった。

そして、昨シーズンの後半にトレーニングしたことと、インラインで基礎的な動きがほどよくミックスされて、初すべり後もかなり快適な滑走感覚を得て、いわゆる  調子がいい いわゆる  ゼツ好調  な状況であった。

とはいえ、ゼツ好調とは思っても、感覚的に良くても、ビデオで見ると幻滅するのだろうなぁ、というのがこれまでのスキーヤーとしての経験則から多くけどねと思いながら、ビデオ撮影を試みて、その映像を見てみると............悪くない。

うん、いい感じで仕上がってきているような気がした。

もちろん、この大会で全日本選手権に出場できるとか、上位の成績になれるとか、という滑りではないことは十分承知ではあるが、自分のイメージの中と目の前のモニターの中で滑っている私はそれほど違和感の無い滑りだった。

その調子を維持したまま、大会の2週間前に全日本選手権に出場した選手が教えてくれるというトレーニングに参加して「新たな滑り方」を教えてもらったときには、自分の滑りは大丈夫じゃろか、と心配になって。

そして、その新たな滑りで急斜面に突入したけれど、ベース能力が低い私のこと、付け焼刃的な技術で、そんな斜面を降りられるわけが無く、大転倒を演じて2年前のこの大会で痛めた古傷が再発。

大会2週間前にして肩とわき腹に大きな痛みを貰ってしまった。

新しい滑り方については、とりあえず雰囲気だけはアタマノナカに入れておいて、自分のイメージを大切にしようとココロに決める。

そーゆー意味では、大転倒というきっかけは良かったかもしれない。

大転倒は良かったとは言っても、実際滑られなくは無いけれど、この痛さはちょっち気になる存在ですな、と心配性な私の性格が見え隠れした。

痛みや、カラダを動かした感じからすると、大会までの10日間で傷は癒えると思ってはみたものの、病院に行ってみるほうが、専門家に診てもらうほうが良いじゃろな、と近所の行きつけの外科医に言ってみる。

「先生、再来週の末にスキーの大会があるので、それまでに治してください。そりがダメなら痛みだけでもなんとかならないものですかねぇ」

とお願いしてみる。

触診とレントゲンとをしてもらい、先生いわく

「スキーなんかドンドンやって良いよ。痛みは少し長引くかも知れないけれど、大丈夫だよ」

と大丈夫なのか、大丈夫じゃないのか、ちょっぴり意味不明なことを言われながら、毎日、病院に通い治療に専念(まあ、大した怪我でもないので、治療ってほどでも無いけれど)

大会当日の前日には、ほぼ痛みが「軽い筋肉痛」くらいのものになって、滑りには影響しない程度になって、一安心。

せっかく調子がいい(と思っている)ので、体調万全で望みたいもんな、と今年は大会前日から乗り込んで、最終調整を行う。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう とか めっく とか
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/64
トラックバック