<< 快晴ですな。 | main | 賀正。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
めっくの野郎、足を骨折したってよっ!


おばんでやす。

そうらしいですよ。骨折したらしいですよ。

さて、質問。考えてみてください、あの野郎はなんで骨折なんかしたのかと。

・・・

・・・

・・・



雪の無いスキー場で転倒したとか。

んっもぉぉぉー!

JRスキーの今年のキャッチコピーは「雪はそこにあるのか。」なので、本当にスキーヤー同士の挨拶とか、スキーに出かける時の挨拶とかは、ま・さ・に・雪はそこにあるのか。



雪深いところも、人工降雪機が充実しているところも、苦戦苦戦。雪が降らないですねぇ。

現状のスキー場も、雪の上を滑っているのか、芝の上を滑っているのか、スノーマットの上を滑っているのか、そもそもそこまでしてスキーを履かなくてはならないのか、意味不明な感じですが。

スキーヤーたるものは、冬になったら、冬将軍がやってきたら、とにかく12月になったら、秋が終わったら、山に向かわねばと思う訳で。

さて、今回の骨折の原因は残念ながら(?)スキーではありません。

原因がスキーだったら嬉しいくらいです(をい)

−−−

では、なぜに骨折したかといえば、先週のとある朝、連日の深夜残業でフワついたカラダを鞭打ちながら、出勤しようと自宅の最寄りの駅に向かって歩いていて、ちょっぴり出発が遅くなったので、2、3歩小走りしたら、傾斜が付いた歩道で、左足をグリっと。

スキーヤーなのだから、傾斜には強いつもりだったのに(意味不明)

ヒネった瞬間は、イテテっという感じでしたが、電車に乗って、職場に到着するくらいになったときには、ちょっとヤバイんじゃね?

と若者が使いたくなるような言葉を発している私。

とりあえず、職場まで行ったのですが、歩くのも辛い状況なので、近所の診療所に行ってみて。

私「あのー足をヒネったんですが」

医「先週ですか?」

私「今日の朝です。問診に書きましたが何か?」

医「あーホントだ」

私「(ダイジョウブカヨ)」

医「痛いですか」

私「痛いです。ここがピンポイントで痛いです」

医「あー骨折かな」

私「・・・(大汗)・・・・」

ということで、レントゲンを撮れって確認してもらうと、小指の付け根がパッキリ(屍)



まあ、ズレていないので、いわゆる「ひび」っていうものらしいのですが。

お医者さんが「ギブスをする」というのを、仕事に支障が出るからという理由で、やんわりとお断りして、簡易な添え木みたいなもので、包帯でグルグルしてもらい終了。

医「松葉杖は使えますか」

私「(ストックだったらいくらでも使えます).....どうですかねぇ」

医「当分、骨折した足を地面につかないでいて下さい」

と、猛烈に忙しい私の仕事の状況で、そんな無理なことを言われて、松葉杖を渡されたのですが、ストックの付き方も難しいですが、松葉杖はもっと難しいですな。あ?

少しやってみたけど、無理そうなので、診療所を出てすぐに簡易ギブスを外して、テクテクと職場にもどって仕事したとさ(をい)

ちなみに、骨折当日は自宅に帰るのが面倒だったので職場に泊まり、翌日の深夜にバスで帰ってみたりした。

−−−

職場でも、誰かに言いふらされるくらいなら、自分で言ってやるっ!と同僚等々にアピールしたのですが、

「大変だねぇ」「どのくらい治るのにかかるの?」「痛い?」

という発言はあっても、

「休んだら?」

という言葉は誰ひとり発することがない、我が職場。

まあ、休んでいる場合の季節じゃないからなぁ(遠い目)

そんなこんなで、シーズンインが出来ておりません。

新しい車と新しいスタッドレスで、快適なスキーが始まるはずだったのにね。

まあ、そんなシーズンもあるさ。はふぅ
| comments(1) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/01/06 12:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/611
トラックバック