<< 「技術選予選体験記6......大会その1」 | main | 「いつかはクラウン......その2」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
「技術選予選体験記6.......プロローグ」
「技術選」というものを初めて見たのは、スキーを始めてから2年目くらいだったか。

間違いなくこんな大会なんか、たとえ非公式戦.............いわゆる草大会であっても出場することはないだろうと、他人事のように考えていたのですが、準指導員なんて資格に合格して、何を勘違いしたんだか「腕試し」をしようと思って参加したアノ時。

自分の下手さに嫌気がさして、スキーってこんなに怖いものなんだ、と思った1年目。

その後の1年間で少しでも上手くなろうと思ってガムシャラに滑って、少しは滑られるようになった結果の2年目。

今年こそは、と思って大会のウォーミングアップ中に転倒して、2日目を棄権した3年目。

初出場から3年間が経過して、「雪の上にも3年」ということで、初めて「それなり」の結果。それが4年目、嬉しかったなぁ。

前年で、妙な自信を付けたばっかりに、結果は大きくは変わらないけれど内容が最悪な5年目。あのステージに「大きな忘れ物」をしてしまった。

そして今年。

−−−

昨シーズンのこの大会が終わってから、あまりにも明確な下手さに嫌気が差すどころか、やる気が起きてきたその日から。

とにかく、整地、コブ斜面を含めてショートターン全般が下手すぎて、これをどうにかしないとどうにもならないと、大会の翌週から八方尾根の大壁というゲレンデに張り付いて、あまりにも低いレベルなので、「習うより、慣れろ」という心意気で滑りまくった私。

シーズンも終わるころになると、それまでドヘタなコブ斜面の滑りも、まあとりあえず降りてこられるところまできた.............というところでシーズンが終了。

オフシーズンに突入するのですが、千葉県の大型冷蔵庫が無くなったおかげで、擬似スキートレーニングで頑張るしかなくて、私の場合はインラインスケートなんていうもので、スキーをイメージして滑る週末の日々。

幸い、スキーが上手な友人達と一緒に練習することができたので、冬に向かって良いイメージができつつあって、そしてとても大事なことに気づくことができて、かなり満足度の高いオフシーズンになった。

しかし、ご存知の雪不足で、各スキー場は軒並みオープンを延長することとなって、雪が無くてはスキーはできず、困ったものだと思う私であったり。

けれども、人工降雪機でゲレンデを作ってくれているスキー場は、探せばあるもので、11月の末から、ボチボチとスキー場に行ってトレーニングに励む私であった。

11月から12月にかけては、雪不足に比例するかたちで練習不足だったけれど、スキーの上手な後輩君に教えてもらったり、夏のインラインでの基本運動の成果で、気分的には「今年はかなり上手くなっているし、イメージは最高!」って思っていた。

−−−

年が変わって、お正月におみくじを引いたら「吉」ってな結果で、うんにゃ今年は大吉のハズ、と意味不明な思い込みから、場所を変えて再度おみくじを引いてみるが「小吉」ってな結果で、悪くなっているし、もう一回引いたら「凶」だったりしたら最悪なので、小吉にて止めたけれど。

そんなこともあって(スキーには全くカンケー無いですが)、年末年始で強い寒波で各スキー場もほぼ全面滑走可能となり、新年を向かえて1月末のその大会に向けて頑張らなくちゃ、と思いながら新春の初滑りを楽しむ.............こともできず、なんだかシーズン初旬の滑り方を忘れてしまった感覚で、ビデオに撮っても「あれれ」って感じ。

大会が開催されるスキー場に行って、久しぶりの急斜面で調整.............てな感じも、いまいちしっくりこないままだった。

どうにも気合が足りないような気がした私は、ちょっと寒くて練習には不向きではあるけれど、レーシングワンピなんてものを着て、練習をして本当の最終調整の大会前日のこと。

前日なので、そんなに沢山滑って疲れてしまってもしょうがないので、各種目を3本づつ滑って終了。

宿に帰って、気合の成果なのか、ビデオを見てみると、まあそれなりに形にはなったような自分に、チョッピリ安心する。

−−−

ちなみに、今年の滑りの目標は「ツマラナイ滑りの実現」。

ツマラナイことは大会に望む上でとっても大事なことだと思って、昨年の大会で撮影したビデオを見ると、やっぱり凄い選手たちはツマラナイ滑りをしていることに気がついて。

インラインのオフトレでも、シーズン中に入ってからも、どうしたらツマラナイ滑りになるかだけを考えて、こうしたらどうだろう、ああしたらどうだろう、という感じで試してみる。

まあ結局、完成しなかったけれど、昨年に比べればツマラナクなったような気がしたので、まあいいか。

えーと、参考までに説明しますが「ツマラナイ」っていうのは「詰まらなない滑り」であって、スキーがスムーズに動いていく滑りが目標で、決してつまらない.............面白くない滑りって訳ではないです。はい
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/60
トラックバック