<< 大雪。 | main | 309。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
天気。
今週も東京で天気予報に雪マークがありました。よしよし。

−−−

スキーと天気は、切っても切り離せない密接な関係があって。

そして、スキーヤーの気分と天気も、切っても切り離せない密接な関係があると。

スキーシーズンともなると、テレビの天気予報とか、ネットのスキー場の天気が気になって、「晴れ」と出ればウキウキ、「雪」と出てもウキウキするのですが、春ならともかく冬の、それもハイシーズンといえる時期に「週末は雨でしょう」とか言われてしまうと、行く気が半減する。

普通じゃない?と思ったりする。

さて、今回がそんな感じで、事前の天気予報が「土曜日は雨&気温は春、日曜日は一転して雪&気温は急転直下で寒い」という、スキースポーツをするに良い感じではない。

でも、最近の天気予報の傾向として、悪いほうには大げさな予報となる(個人的な傾向分析)ので、今回も悪い悪いが専攻して、実は現地に行ったら快晴バリバリってな感じではないかと思ったり。

なので、金曜日の夜には荷物を積んで、土曜日に速攻で出発して、ブリブリ早朝から滑られるように準備万端、おやすみーっと。

そして翌日。

うん、寝坊(屍)

出発したのが8時過ぎ。高速の渋滞情報を確認すると、相変わらずの鶴ヶ島で自己渋滞。もういいよ、一般道でちょっと走るさ。けっ

とボチボチ走っていたら、思いのほか時間がかかり、そのうちに高速道路はスイスイと。もうね、こうなったらね、ニンゲンアキラメガカンジンなのですよね。

一生懸命走ることを諦めて、高速道路を目的地に向けて走っていて、そういえば晴れている.....。

なんだよぉ、全然違うじゃんかよぉ、こんなことなら、もっと早起きすれば良かったよぉ、と早起きの部分は自分が悪いのを棚にあげたことを思ったりする。

が、天気予報は案外当たるもので、高速を降りて長野市内を走っていると、ぽつぽつと雨が降ってきて、白馬に向かうオリンピック道路の途中では、クルマが綺麗になっちゃうくらいの雨。

まあ、こんなものかと思いながら、お世話になる宿に到着して、雨合羽.....

雨合羽に着替えますけど何か

と雨降りをものともしない格好に変身してゲレンデに飛び出す。

やっぱり雨の日は板の滑りがいいぜっ、とプラス思考な私。

まあ、そんなこんなで週末は過ぎていくのです。

日曜日は、まあまあいい天気で、スキー場下部はザクザクの春のゲレンデ。スキー場上部に上がってみると、寒いしバーンは固いし、ある程度冬のゲレンデ。

へんなのー、と思いながら、前週の復習をして、久しぶりにコブを5本ほど滑って撤収。

うーん、楽しい。

今シーズンはいつもに増してスキーが楽しいなぁ。

| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/580
トラックバック