<< 東京は大雪。 | main | 天気。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
大雪。

東京の雪も根性があるようで2週間以上たっても日陰には雪が残っています。

頑張れ!雪!



−−−

とりあえず仕事がひと段落したので、お休みをもらって平日出発の贅沢スキーに興じてき.....と書きたかったのですが、今回は指導員研修会が週末にあったので、3日間の全てがフリーフリーな贅沢スキーという訳でもない。

でも一日だけだったけれど、平日スキーは相変わらずいいね。

何がいいかって「朝の渋滞なし」「ゆっくり出発OK」「ゲレンデ空いてる」などなど、良いこと尽くめ。

で、前日に職場の飲み会があって、飲み会には全力投球をポリシーとしているので、「飲まれ会」になりそうだったのですが、そこは冬、それも折角の平日にスキー場に行けるチャンスということで、目の前にあるアルコール飲料を、翌日に影響しない.....影響が限定的なものに切り替えて、更に飲むペースも落とすという大人な対応で乗り切って。

なんだか、飲みすぎると翌日の早朝に運転すると飲酒運転状態らしいので、十分に睡眠と時間をとって、ゆっくりと出発。

と、ゆっくりと出発しすぎたのと、思ったよりも一般道が混雑していたことで、予定時間よりも遅くに到着。

私の妄想に近い、想像ではお昼過ぎに到着して、ぱぱーっと準備して、ささーっと滑るというイメージだったのですが。

結局、準備をしてゲレンデに立ったのは2時過ぎ。

そして天気予報の内容のまま、結構な降り方で、もっさもさなゲレンデ状況でした。でも、ゲレンデは空いていて、快適に滑ることができた.....ということもあったり、なかったりで、「なかったり」ってところは、平日のリフト運行は間引き運転どころか、運行していないリフトが半分以上。

まあ、合理的といえば合理的ですし、お客さんが少ないのだからそれに合わせるのはビジネスとして普通(のような気がします)。
それに、運行しているリフトで、ほぼどこのゲレンデにも行けるように考えられているから問題はないのですが、やっぱりチト寂しいものですな。

−−−

さて、今回の本題の指導員研修会。

いつもはシーズンインの時期に開催される雪上研修に参加してきたのですが、夏の終わりごろだったか東京都の連盟行事が発表されて、今シーズンは研修会を受けないとなぁ、どうすっかなぁ、仕事の予定も全く不明だし、と悩んでいると(そんな真剣には悩んでいません)、私が参加していた会とは少々趣の違う感じの研修会が開催されると。

指導員のレベルアップに軸足を置いた研修、いいねぇ、いいねぇ、と参加を申し込むため、ネットで手続き。ぽちっと

んで、今回の研修。

ちょっと話は先に進んでしまうのですが、土曜日に研修が終了して、少しばかり復習でもしようかと、リフトで上がって少々滑って、ついでに行ったことの無かった下山コースの「ファルコン(全長2.5キロ)」で山麓に向かう。

下界の景色も見えて、猛烈な雪はひと休み状態だったので、さて帰ろう帰ろう、「よーるごはんは、お寿司にしよ〜」などと、お気楽モードで駐車場に向かうと。

こんな感じになっていた。我が愛車。



想像はしていたけれど、これもまた面倒な状態だねぇ、と思いつつ、こんなときにウチの車は、クロカンタイプの強みで、フロント窓ガラスだけちゃちゃーっと雪をかいて、進行方向に雪が積もっていても、半強引に抜け出せる。



もう、雪はいいや、って感じ。

そう、いいやって感じだったのですが、翌日の朝の車の状態も同様。全く同様。

またかよっ、とブツブツ言いながら、スキーヤーなのだから、スキー場なのだから、冬なのだから、こんなことも当然なのですが、少々文句がクチに出てしまう。

とはいえ、こんな雪だから一番に山に上がって、新雪を喰らうよ、と勢い込んでいる私にとっては、テキパキとした行動になって、荷物を積んで、さあ出発.....と思ったとき、

指導員のライセンスを入れたパスケースが無い!

ということに気がついた。入れていたポケットのジッパーが空いていて、どうやら落としたらし(顔面蒼白)

宿の部屋に戻って部屋を確認 → なし

車の中を確認 → なし

通った雪の道 → なし

というか、その後に除雪機が入っていて、ここに落としていれば木っ端微塵が確定(屍)

吹き飛ばされた雪を確認しても、パスケースらしきものは無く。多分、多分、ココではないなと自分に言い聞かせる。

車を止めていた場所を、まさに今、除雪機が入る瞬間だったので「ちょっと待ってぇぇぇ」と情けない声をだして、雪下ろしをした辺りをワッサっ、ワッサっとかき分けると、

あった(はーと)

あー、良かった、思いながら、朝も早いのに、少々ぐったり気味。それでも、まだ朝一の新雪には間に合うだろうと、車を走らせて、準備して、ゴンドラで上がって。

お手洗いに行ってから、ネックウォーマーを付けて、帽子をかぶって、フェイスマスク.....。

フェイスマスクが無い!

もういい加減にしろって感じで。もう一度通ってきた道を確認して、上がってきたゴンドラを、こんな朝早くから下山方向の乗車して、もう何やってんだろって。

無い、無い、どこにもない。ホテルかなぁ、と思って、トボトボとゴンドラに乗ってウェアをわっさぁと置いたら、

ウェアの背中の裏地にくっ付いていた(はーと)

あーもー、忘れ物しすぎ。

そんなこんなで、新雪は滑られず。

あまりいい日ではないと思いながら、研修が終了したら、少々復習して、早々に帰宅。

まあこんな日もあるさ。

ん?研修会?

良かったよ。素晴らしく。ちょっと前に甲信越の勝った人だったというのもあって。いろんなウロコが目から落ちました。もう落ちすぎ。

あー楽しかった研修会は。そう研修会は(屍)

| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/576
トラックバック