<< 中吉。 | main | 大雪。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
東京は大雪。
いやはや、こんなに積もってしまうとはビックリ。

大雪の14日は、前日が疲れて帰ってきてバターン!だったので、早朝には大雨だったことを知らないのですが、早朝は雨(まわりくどい!)

私が布団の中から、もそもそと起き上がる頃には、みぞれっぽくなっていて、「おー東京で久しぶりの雪だなぁ」とか悠長なことを思っていたら、大粒の雪が舞い降りるようになってきて、あれよあれよというウチに積もり始めたら、さあ大変。

うちの近所でこんな感じでした。



私はスキーヤーなので、雪なんか見慣れているのですし、これよりももっと激しい降雪も経験しているのですが、やっぱり普段雪が降らないところに、雪が降ったりすると、たかだか10センチも積もっていないのにもかかわらず、物凄い影響が出てしまうと。

スキーヤー的な感覚でいえば「スキー場の積雪は10センチ」と言われても、なんだ10センチなのか、であるから大したことはないのだけれども、都市部は本当に雪に弱いねぇ。

私なんかは雪道になれているから、雪の扱いに慣れているから、10センチ未満の積雪なんて、大したことないし、普通どおりの生活ができちゃうよ!と思っていたのですが、本日の出勤は、おっかな、びっくり。

ええ、私も雪には弱いねぇ。

まあ、雪さえあればシアワセという部類のニンゲンであるので、交通機関への影響は嬉しくないけれど、なんとなくハッピー。

おっ!だから今日の運勢は一番だったんだな。

−−−

さて、1月の三連休といえば、お正月休みに並ぶスキーヤーの行動が活発な週末と相場が決まっているのですが。

が、

行こうと思っていたスキー場の宿が、なんだか満室らしく泊まりのスキーは断念。予約を早々に入れておけば良かったのですが、先のことはよく分からない人生......という程に大したものではないのですが、スキー宿のキャンセルは、なるべくしたくないと。

としたアル日。スキー仲間から「週末の日月に泊まりでスキーいかへん?」(本当は関西弁ではありません)とのお誘いがあり、ココロが揺らぐ瞬間はあったものの、成人式の月曜日は大荒れ模様という天気予報が、まことしやかに流れていたものだから、「日帰りでどうだ?」という返答したところ、あっさりOK。

そんなこんなで、当日朝に集合場所へ。

当人と一緒にスキーに行くときには、私の経験からすると、そのニンゲンは時間どおりに来たことがない、もしくは寝過ごすというのが定説であって、今回も概ねそんな感じであろうと、5分後くらいを目標にクルマを走らせていると、集合場所に寒いのに、ご丁寧に外でスキーを持って待っている姿を発見。

こんなこともあるものだと思って、本人に「珍しいねぇ遅刻もせずに」と言い放ったら「そっか?」と軽く返される。

多分、こんなことだから翌日の天気が大荒れになって、挙句の果てに関東近郊の高速道路が軒並み通行止めとなってしまうのだろうと思ったりした。

なので、今回の週末で高速道路が使えなくて大変な思いをした、という方は、是非そのニンゲンを恨むことをお勧めするのであ〜る。

当然、日曜日は天気も良くて最高でした。



−−−

>キ○○○○さん
怪我は大変ですよねぇ。でも大事には至らなかったようで何よりです。怪我すると大変ですよホント。大きい怪我でも、小さい怪我でも、思いっきりスキーを楽しめなくなるし。
お互いに怪我に気をつけつつ、今シーズンのよろしくお願いします。

| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/571
トラックバック