<< イゾラ麓。 | main | 中吉。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
久しぶりの北の大地。
あけましておめでとうございます。

一応、今年の抱負は「このスペースの更新を頑張る!」です。とりあえず現地でサクサク更新できるようにtwitterのまとめ機能も使ってみます。

ネットの活動も頑張っちゃいます。

−−−

さて、年末のスキーのお話。

行った場所は5年振りの北海道はルスツです。

年末にまとまったお休みを取ることが出来そうだったので.....って、これは実際に年末に近づいてみたら、まさに「出来そう」だっただけでしたが、とりあえずは予定通りで行動できたので良かったです。

そうそう、ニセコとか、テイネとか、富良野とか、その他いろいろと選択肢はあるハズですが、前回の印象がホテルにしても、ゲレンデにしても、とっても良かったし、1週間という私にしては長期滞在にするので、失敗はしたくないと。

もう、チャレンジ精神はさておき、勝手の知った素敵なスキー場を選択したということです。はい

1週間。ああ1週間。7日も連続で滑られるかなぁと思ったりもします。いや、それよりも荷物がやっぱり多いですね。もう多すぎ。

そもそも旅行に行くときには荷物を少なくする方なのですが、さすがに1週間なので、快適な生活を送られるようにね。

そんなんで、パソコンなんかも持ち込んじゃいましたよ。最近は便利ですねぇwifiとかあるからノートひとつ持って行けば、普段の通信環境となんら変わらず生活が出来ちゃうという。

折角リゾートに行くのだから、日常を、非日常にした方がいいような気もしますが、パソコンがあった方が、天気予報とか、ちょっとしたことに便利で便利で。

もちろん、私のiPod touchの出番も多くて、ホント世の中は進歩しますねぇ、もう宿泊施設には是非wifiを設置してほしいものです(願望)

−−−

さてゲレンデに出て。いやぁ、もう最高。快晴の日のロングクールズ、ノートラックの新雪ゲレンデ、最高の景色の中での滑走....どれも素敵でした。







天気は3日快晴&3日雪模様&1日猛吹雪ってな感じ。

快晴は快晴で楽しい。これは普通ですが、猛吹雪も良いですね。

4日目だったかな、もうジャンジャン雪が振りまくっていて、みるみるトラックが埋まっていって新雪パフパフ状態。

その時は主にエリートコースという、技術選とかでも使用するバーンを滑っていたのですが、まあね、もうね、最高ですよ最高。

雪の量は「膝ぱふ」くらいなのですが、吹き溜まり付近でターンすると「顔ぱふ」。どれだけシアワセなんだという感じ。

平日だったのもあって、ゲレンデは概ね貸切り状態なので、どのくらい「ぱふ」れるか最初のうちは数えていたのですが10本目くらいから面倒になって「どのくらい滑った?」と聞かれたら「たくさん!」と子供のような答えをしてみたり。

しかしね、それだけジャンジャンだから視界も悪いのですよ。こんな感じ。



ええ、悪いっすね。

ほぼ見えてません。けれど、概ね貸切り状態なので怖さもないし、ぱふぱふなものだからスピードも出ないので、もうシアワセですよ。

リフトの人に「そろそろ終わりなので....」と言われるまで滑ってみて、さて帰ろうか、ということに普通であればなるのですが、ルスツはここからも違う。

ナイターで比較的滑り応えのあるダイナミックコースでも滑られると。



ここも当然にぱふぱふで、翌日に疲れで影響が出ないくらいで止めておけば良かったですが、翌日は腰が重くて大変でしたが、あのコンディションは滑らずにはいられない。

多分、誰でもね。

−−−

とあるとき、青目の人がゲレンデで転がっていたので近寄って行ったら、スキーが履けなくて困っている感じ。

見るとビンディングのヒールピースが装着状態になっていたので、「ビンディングが上がっているよ」と英語で.....海外で死なない程度の英語力の私には説明が面倒だったので、近寄って行って、ちょっと待てと言って身長190くらいの青目大男にスキーを装着した私。

うん、いいことをした、と登りのリフトで悦に浸っていると、ふとそういえばアレが日本語でも説明が案外難しいということに気が付いた。

あの部分ってなんていうのだろう.....うん?「後ろの金具が上がってる」とか言って通じるのだろうか、まあいいや英語で説明することも無いし。

青目とスキーに行くことも無いし、そういえばスキーで知り合ったオーストラリア人のマークは元気かな?知り合ったころはどこぞの日本メーカーの弁護士とかしていたけど、だんだんと不良外人っぽくなったけど。

そもそもこの手助けは、心優しい私なので手伝った.....のではなくて、本心で言えば早くゲレンデをクリアにしたかった.....という気持ちが半分くらいという、ひどい>私

でもね、因果応報って話でもないけれど、その翌日に同じ場所で、私は転倒して、地元らしきおっちゃんに「大丈夫?」と外れた板を持って来てもらって、「今日はいつもより雪が重くないっすかー」と、スキーヤーとしてダメな言い訳をしたりして。

そんなこんなでルスツ最高、私最低(屍)



>ぽちさん
お久しぶり。また一緒に滑りましょうねー。facebookとかやっている?


JUGEMテーマ:スポーツ
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/565
トラックバック