<< 渋滞を回避して私は雪山に通う。 | main | 最近のまとめ。そのいち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
雨時々。

前回の「とある面接会場」ですが、こんなのもありました。

*************************

* とある面接会場で、

* 面接官:「学生時代に打ちこんだものはなんですか?」

* 受験者:「キーボードです。」

*************************

.....うひひぃ。

−−−

まあ三寒四温だから致し方ないですな、と納得するほど私の天候への執着は軽いものではなく、どうしても雪が降っているところでは滑りたくない気分でした。

なので、どこのスキー場に向かうのか悩むのだけれど、目の前にある、複数枚のリフト券は かぐら とか 苗場へ行けとつぶやいているように見える。

と、

思っていたのは、私だけで、鬼コーチが「天気も悪くなさそうだし富士見パノラマに行いけば」と言うものだから、いやいや、あそこは......そっか、それもいいね、リフト券も使えるし、近いし、まあ滑るところは限られるけれど、練習はできるであろうと。

んな、こんなで、行き先決定して、早朝クルマに乗り込むのですが、なんとなーく天気がスッキリしない。曇ってるんだよねー

でも、天気予報をネット上で見て回ったけれど、どこも目的地の天候は良いことが書いてあったから、大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせて、近所の首都高からエントリーして、ぴゅーっと走る。

ぴゅーっと走る。

ぽつっ。ん?

ぴゅーと走る。

ぽつぽつ。お?

これはもしや雨かよ、と思っていると、ワイパーを動かす必要があるくらいの降りっぷり。もうスキーの気分が台無しで、やる気も滑る気もダダ下がり。

こなくそーっ、と叫んでみても、お天道様には届かないようで、一向に止む気配がない。高速道路をUターンしてみようか、と思うが、他人に迷惑が掛かるので思いとどまる(そーゆー問題ではありません)

どうすっかなー、と思いながらも、クルマを走らせていると、甲府の前の峠を越えるトンネルを抜けると、雨が止んでいて。

へ?ほ?という感じであったが、とにかく走る方向の天気は回復しているように見える。まるでラピュタが(以下、自粛)

2012030306480000.jpg

とにかく、ゲレンデに到着すると天気は悪くない。ゲレンデ上部はやや曇りがちですが、徐々に回復。

そして、バーンも固くて素敵な感じで、今シーズンは柔らかいバーンばかりであったので、こーゆーシチュエーションも嬉しい。

下部で数本滑ってから、ゴンドラで上部に上がると、昨シーズンまでは、午前中はポールが張ってあったラーチゲレンデが空いていて、格好の練習バーンで、久しぶりに飼われているネズミのようにクルクルと回る(滑る)

しっかし、スキーってやることがいっぱいあるねぇ、気をつけないとダメな部分がいっぱいあるねぇ、私の場合 三歩歩くと忘れるタイプ なのでアッチを気をつけると、コッチが疎かになって。本当は、滑走日数と滑走量を増やして、練習していることを自動化(癖にする)ができれば一番良いのでしょうが、まあ生活第一で安全第一(?)の一般的なスキーヤーなのでね。でも、できる限り頑張っちゃうんです。

そんなことを思いながら滑っていたのですが、ふとゲレンデを見ると知り合い発見。今シーズン初めて、スキー場で知り合いに遭遇。

挨拶もそこそこに、一緒に滑るのですが、何本か滑ったとあるリフトの上で、「ウェアの背中に油が付いているよ」と言われ、ココロノナカに激震。ざっぱーん。

んもー、リフトに乗るときは気をつけていたし、最近のスキー場は設備が良かったりするものだから、こんなことは無いだろうと思い込んでいたらこれですよ。けっ

もうね、やる気滑る気ゼロです。

「早くなんかしたほうがいいよ」と言われ、滑る気も劇低なので、「もう帰る」と予定していた時間にも近かったので、あっさり帰宅。

自宅に帰って、鬼コーチに少々怒られ....とはいえ、使い古しの歯ブラシでゴシゴシしてくれていた。

いやーまいったね。

しかし、いろんなことが天気に影響されるし、天気の良し悪しがスキーの楽しさを決める時期。

もう雨は嫌いだねぇ。

そういえば、先日近所を歩いていたら、電光掲示板に流れていた天気予報が、

「雨 時々 やむ」

って書いてあって。へーそーゆー表現もあるのか、と思ったりした。「雨時々曇り」との違いを教えてもらいたかったが、まあ小さいことは気にせずに、とにかく春はテルテル坊主さんに祈りを込めよう。

| comments(1) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/22 11:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/553
トラックバック