<< 久しぶり。 | main | ちょっと。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
ハイクアップ。
これは『りんごのパン』ですが、残念ながら食べませんでした。
1番じゃないと意味が無いので食べなかった.......訳ではなく、いっぱい買いすぎて、食べられないと思われたから。

2010013016580000.jpg

−−−


ちょっと思ったんですが、最近閉鎖されてしまったスキー場ってあるじゃないですか、でも今年なんかは、年末からの豪雪でよだれがでるようなゲレンデに仕上がっているような状況ってあると思うんです。

でも、肝心のリフトが動いていないために、現実的に滑ることは叶わない。もちろん、管理する方が許す限りにおいて、ハイクアップすれば滑られなくも無いけれど、1日に滑られる距離は体力に比例して決まってしまう。









私は考えたんですよ、

「スキーの友達をいっぱい集めて、ゲレンデに一列に並んでバケツリレー方式で用具一式を運び上げ、一番上の人が滑り降りたら、ヒトツ上に繰り上がって、滑り降りた人は、一番下に並ぶ」

ということを繰り返せば永遠に、それも体力の消耗も少なく滑走が可能なのですはないかと。

 ● ← 滑る人
 ○
 ○
 ○
 ○
 ・
 ・
 ・
 ○
 ○
 ■ ←滑った人

凄い発見だよ、私ってば凄いよ。よし、これで白馬に行った時に、今年はスキー営業をしていないスキー場(白馬ハイランド)に友人を集めて、楽しんでしまおう......と思った訳だが。

名づけて「流れ作業滑走」。いい感じで和風だ(をい)

−−−

しかし、ちょっとまてよ、

仮に人と人との間隔を1メーターとしても、十分に滑走距離をとって300メートル。つまり300人の友達が必要と.......無理っ、特に私の場合は無理っ、仕事とスキー以外は引き篭もりな人生なのだから、そんなにいない(屍)

そして、一人の滑走が20秒だったとしても、300人滑るのに.......100分。

ダメじゃん、多分自力で上がったほうが効率的じゃないのさ。

まあ、こうしてクダラナイことを考えると、リフトとか、ゴンドラとか、ロープウェイとかは、とってもありがたい文明の利器であるのだなぁ、と感謝感激雨雪アラレなんだな。

−−−

>某**さん
いやいや、文明の利器に頼るのではなく自力で勝負......という感じでどうかなと。
もちろんモービルが一台あれば、どこでもいつでもソコに雪があれば、即席のゲレンデになりますねぇ。ああ理想。
| comments(1) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/05 1:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/436
トラックバック