<< 新!技術選予選体験記.......その2 | main | ということで。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
新!技術選予選体験記.......その1
某地区における技術選予選会。いまさら「某」と付けても意味のないような気もするけれど、やはりアレだから(なんだよアレって)

この全日本選手権も含めた「技術選」というものが、今シーズンからテクニカルコンテストという、まあこんな言葉は使いたくないけれど敗者復活戦的な要素が強い、地区予選会とは別の全国予選会が開催される。

20080114121142.jpg

私の場合、全日本なんてサラサラと思っているけれど、このテクニカルコンテストには、非常に興味があるし、八方尾根スキー場で開催されるということだし、全国のスキーヤーと競って、それも公式戦でやって、自分の下手さの確認をしたいと。

まあ「無謀」であるのか「願望」であるのか「希望」であるのかはさておき、今シーズンも始まります。

−−−

昨シーズンは、残念ながら私用により欠場。社会人として、家庭人としての責任が歳を追うごとに増えてくるので、当然の話。

それでも、今シーズンを迎えるにあたって、公式戦を1度欠場しているということは非常に厳しい。

雰囲気にしても、感覚にしても。東京時代ほどではないけれど、ピリピリといした雰囲気というか、ともすれば他選手のコンセントレーションで高めたモノが物理的形となって、刺さって来そうな、そんな経験が鈍ってはいないか。

そんな不安がありながらも、今年も頑張ろうとココロに誓って。

今シーズンの目標は「頑張って滑ってないないように頑張る」というスキー操作。

オフシーズンも仕事の勤務地が変わったせいか、スキートレーニングに時間をかけることができず、ナマケモノ的な状況でシーズン突入。

まあ、それでもエアロバイクなんて買ったりして、基礎体力の減退だけは阻止したつもりなので........と希望的観測をもってね。

−−−

昨シーズンに比べれば、充分に降雪が早かったので、準備段階から滑走量を稼ぐ事ができたんです。

それに久しぶりに北海道にも行って、まとまって滑り、そして練習することができたので、滑走量的には案外自信があった。

技術的な面では、過去の大会でどうしても理解できなかった、どうやって滑っているのか全く不明であった(嫁が知り合いなので、聞けばいいのですが)、その滑り方の理屈が、北海道でスクールに入って、色々と情報を仕入れた中にあって。

20071216195527.jpg

北海道はルスツで、ツアー代とかは極力安くしたし、ほぼ行っている最中はナイターも含めて滑りっぱなしで、コストパフォーマンスはかなりイイと思っていたのだが、この「メッチャ格好イイ滑り」の理屈.........なんていうのか、闇に閉ざされていたところが、一気に真昼間、そんな状態だったので、安い旅行だったと感じまして。

もちろん、その滑りが出来るかというのは別問題(をい)

でも、抜本的な技術改革の第一歩で、この考え方からすれば今までの自分の滑りの改革は、マイナーチェンジであったといような。

まあ、練習しましたよ。

んで、とあるときに八方でスキー仲間に偶然会って話していたら「滑り変えた?」って言われて、少しは効果が出てきているもんですな、とチョッピリ感動。

さあ、頑張っちゃうよぉ、と大会に向けてトレーニング........していましたが、滑れば滑るほど、これでいいんだっけ?という、良くありがちなジレンマに陥りだす私。

この滑りで点数が本当に出るのかな、自分が滑っている感覚でどうなんんだろう、なんて競技をやっている人にありがちな状態。

かといって自信とかが無いわけでなく。

まあ、自信と不安を併せ持ちながら、大会に臨む。

多分、下手ではないと思う.........が不安がイッパイだ。


JUGEMテーマ:スポーツ


| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/335
トラックバック