<< 新!技術選予選体験記2007....その3 | main | まあ今は... 。 >>
新!技術選予選体験記2007....その4
20070125_331370.jpg


大会の前々日。職場をちょっぴり早めに出て、スキーに向かう私。

最近、朝の早起きが辛くなった....面倒なことを回避したがる性格ゆえのことであるが、昨年度も大会前日の調整日に、お昼過ぎの部長出勤で、自分の気合いの無さ加減に嫌気がさして、今シーズンは前泊で望むことにした。

雪不足も、スキー場への道が走りやすいというメリットがありますなと思いつつも、いつものようにチンタラと走る私。

宿に無事に到着。昨年から使っている常宿に、これから三泊四日お世話になるためか、大量になってしまった荷物を搬入。

露天風呂付きの温泉に入り、今回の大会のことを思いながらボンヤリと湯につかる。

今年は、どんなドキドキワクワクが待っているんですかね、とアタマノナカで考えつつ。

‐‐‐

翌日。朝の天気は快晴....とまではいかないけど、イイ天気であることは確か。

ゲレンデも、前週の大雪の名残で快適。「本物のスキー場に今シーズンに初めてであった感じ」というのが素直な感想。

そして、今日が大会前日でなければ、今シーズンが順調に調整が進んでいるのであれば....と。

んで、

大会バーンに行って、斜度とカラダの感覚を合わせるため何本か滑り、同じクラブの選手と「調子はどう?」なんて、お約束の言葉を掛け合いながら。

整地ロングを滑って、「なんだかしっくりしませんな」と思っていたけれど、もう少し動きを出してみるか、と滑った感覚が良くて、気分良くてショートの板に履き替える。

と、

電話が鳴る。



電話にでる。



スキーどころじゃねーなー。

道具を片づけて、宿に帰り荷物をまとめ、キャンセルの手続きをして自宅へ。

私の場合、スキーはあくまでも「趣味」なので、家族の一大事には、大切な大会も二の次。

残念....とは思わなくもないけれど、それも人生かな、と。

‐‐‐

連絡があった時に、大会バーンにいた私。他の選手もいなければ、ジャッジもいないけれど、この一本が私にとっての今シーズンの大会だと思い滑りおりる。

お疲れさん>私

とりあえず、大会は終わり同じクラブの選手は頑張っていた模様。リザルトをみると私が欠場せず、そして「それなり」に滑ったのならば、団体戦で勝てたかもしれないので、「たられば」を言ってはダメですが、クラブの仲間にゴメンってな感じで、心残り。

まあ、また頑張るさ。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう とか めっく とか
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/211
トラックバック