<< 新!技術選予選体験記2007....その2 | main | 新!技術選予選体験記2007....その4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
新!技術選予選体験記2007....その3
20070123_330801.jpg


そんな、スキーに行きやすい状況とはいい難い....いや、どちらかといえば「スキーで滑っている場合じゃねえだろ」ってな感じを実感。

お正月もボチボチと滑っただけで終了。クラブの合宿も参加できず。大会前週となった三連休もボチボチと日帰りで。

‐‐‐

年が明けて、家庭の事情を片付けて、スキー場に向かう私。

この頃になると、スキー場に、愛知の選手のみでは無いにしても、それらしきスキーヤーが多くなってくる。

「刺激が欲しい」と思う気持が活性化されて、一本一本の滑りに気合いが入り始める。

んが、

大会前日でもあるまいし、気合いが入り過ぎるのもどうか....ってな感じなので、ベースの滑りにアレンジをイロイロと加えながら、滑走感覚を得てみたり。

一緒に滑っていた知り合いが「ビデオでも撮ろうか?」という誘いを断る訳もなく、ロングとショートを一本づつ。

ロングはそれなり。まあ今シーズンの演技が出来ている感じはある....がアレンジに問題あり。まあしかし、致命傷ではなく。

ショートは「なんでそんなことになっちゃう訳?」てな感じ(屍)

いわゆる「気合い入れすぎ、チカラ入れすぎ」で、自分の中で一番見せてはイケナイ動きがでている。

うーん、参った。

と、ビデオを撮影した時間が遅く、悶々としたまま山を下りて。

三連休までは、精神的にサゲサゲ。それでもロングの板を自宅に置いて、整地ショート用の板のみで一日滑ると、修正ができたとか、ヒントが得られたとか、そんなことじゃなく、なんとなく落ち着いてきた。

「なるようにしかならない」と思うと、まあなんとかなるだろうと。

もちろん、その二日後に不整地ショート特訓では、「まあヘロヘロから、ヘコヘコくらいにはなったな」という意味不明な締めくくりとなった日もあったが(屍)

まあ、トラブル続きの今シーズンだったけれど、新しい取り組みも上手くいっているので、大会が楽しみじゃね、と思った....ここまでは。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/210
トラックバック