<< 新!技術選予選体験記2007....その1 | main | 新!技術選予選体験記2007....その3 >>
新!技術選予選体験記2007....その2
20070122_330178.jpg


師走も半ばのこと。しっかし雪がふらねぇなぁ、とボヤく私なのですが、そんな嘆き悲しんでも雪が降る訳もなく。

うんにゃ、希望であろうが、願望であろうが、無謀であろうが(え?)、自分のアタマノナカに思い描くことが実現への最低条件である(と思う)。

‐‐‐

んなことを思っていた、とある日。

なんだか視界にゴミみたいなものが見えるなぁ、と気になってきた。

昔から、そんなこともあったので、そのうちに消えるでしょと考えていた。

すると思ったとおり消えず(をい)

なんか変ですなと。まあ一応確認の意味で病院に行きますか、と職場で「ちょっぴりお休みを下さいな」といい放ち近所の総合病院へ。

視力検査とか、眼圧検査とか、目玉の中を覗かれたりしていたら、「詳しく検査したいので瞳孔を開いてもいいですか」なんて。

目薬で瞳孔が開いた自分の目を見たのですが、「闇夜の猫」てな感じ。

そんな状態で検査を引き続き.....と、お医者さん(女医)が突然「多分、三万円くらいになると思いますが、今から手術したいのですが」と突飛なことをいい出す。

詳しい話を聞くと「網膜裂穴」という状態らしく、放置すると「網膜剥離」になると。

確かスキーヤーであるはずの私だが、ボクサーへの道が閉ざされたことは残念でならない(をい)

三万円という手術代も、保険が効いてのものらしく。

レーザーで穴が空いている部分を、それ以上広がることを防ぐ為に、何かするらしいのですが。

目玉が動かないように、特殊な器具で、目玉自体を直接押さえつけられて、それがまあ取れそうになるくらい痛く。

まあレーザーが放射されていると思われるときも、目の奥に鈍痛が走り。

いやはや。

まあ、なったものはしょうがないので、ショックも無いけれど、お医者さんに「スキーは大丈夫ですか」と聞いたら、あっさり「当分ダメです」といわれる(屍)

手術の告知書とか読んだら「二十日間程度は激しい運動は避ける」とか書いてあった。

んが、

二十日間もスキー禁止にされたら、大会が終わってしまうじゃないのさ、と思いつつ、激しくなければいいのだろうと、スキー場に向かう私(をい)

「バカはナントカしないと治らない」といいますが、そのとおりと思ったりする反面、その言葉も洒落にならなくなってきたりもした。
| comments(4) | trackbacks(0) | by ともぞう とか めっく とか
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
どーもおひさです。
私は3年ぶりに大会なるものに参加してみました。
結果は予定通り??可も無く不可もなくでした。
まあ楽しかったです・・・またちょっとスキーに火がついてます。
| ぽち | 2007/01/22 2:48 PM |
どもども。
リザルトを見ながらポチさん頑張っているなぁ、と思う反面、今シーズンに大会を欠場した私は、裏山?羨ましかったです。
なかなか、一緒に滑られる距離ではなくなってしまいましたが、またご一緒できたらと思います。
| ともぞう | 2007/02/03 1:03 PM |
私も過去に網膜に穴あけてしまいレーザーで手術しました。
テニスのボールが直撃して空いたんです。
検査に行かなかったら網膜はく離になってたと私も言われました
 コワイコワイ。。。

医者に「スキーしてもいいですか?」は訊いちゃダメですよね(笑)
| con | 2007/02/03 6:44 PM |
やっぱりダメですか。
何気なく聞いてしまったのですが、その後再点検に行って問題はなかったので、大丈夫でしょう。

滑ってます?
| ともぞう | 2007/02/27 9:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/209
トラックバック