<< 「正指導員検定記〜その2」 | main | 「技術選予選体験記4......決勝〜エピローグ」 >>
「正指導員検定記〜その1」
1998-1999シーズンに準指導員検定なるものに、苦節2シーズン目にして合格させてもらった私。

それから2シーズンが経過して今シーズン。

正指導員の検定資格は、
「準指導員を合格してから2シーズン(合格したシーズンは含まれない)が経過し、各都道府県連盟が適当と認める者」

ということらしい。「適当と認める者」というフレーズは気にせず(をい)、とりあえず、なんとなく受験資格があるらしい。

では、正指導員という資格が私にとって、どういうものであるか、とオフシーズンに考えてみたのだけれど、本当に必要なのか?という問いに対する解答が見えぬままに。

クラブ内で講習をさせて頂くときに、講習を受ける方にとっては、「準」でも「正」でもあまりカンケー無いのでは.....とも思ったり。

スキー場のスキースクールでお勤めの方であれば、待遇面とかで必須と分かる。

私に本当に必要なのか?と自問自答を繰り返すも、やはり、見つからず。

それでも、時間が取れるときに取得しておいた方が良いよね.......と思ったりもして。

そういえば、ウチのクラブにゃ、B級検定員が一人しかいないから、取っておかないと、困ることもあるのかもね。

と、自分自身に言い訳を、理由をつけて、申し込み用紙を片手に所属連盟事務所に赴く私が、秋の空の元に居た。

−−−

準指導員の場合、所属連盟での検定となるので、検定会場の選択肢は無い。

しかし、正指導員検定は、全日本スキー連盟主催のため、全国5会場(北海道地区、東北地区、関東地区、中部地区、西日本地区)の何処で受験しても良い。

さて、ドコで受験するかねぇ、と思ってみる。素直に考えれば、関東で受験するのが一般的であろう.......が、その会場には、長野県とか新潟県とかのスキー場のインストラクター連中が大挙するらしい(他の会場も同じであることに、この時点で気づいていない私)。

検定というのは、絶対評価であるらしいのだけれど、回りの受験生が年間100日とか滑っている人なのだから、私の滑りが「ショボ」く見えることは確実。

その会場は回避しよう、と思っていたの頃。

どうせ受験するなら、北海道とか行って、かにー とか うにー とか いくらー とか叫びたいよね、と思うことしばし。

けれど、実態問題として仕事が休めるのか、どうかと言っている状況で、距離が遠いところを選択するのは、あまりにも無謀。

ネットでお知り合いになれた方に「ドコで受験するっスか?」と聞くと、
第3会場(関東地区)

.....はい。ワカリマシタ。

−−−

申込を終えたものの、準指導員検定の頃のように、盛り上がりに欠ける私の精神状態。

あの頃と言えば、千葉県産大型冷蔵庫に行って、基礎種目(プルークボーゲン)なんぞを、半年も前からイメージ作りに余念はなかった。

けれども今回、ここ2〜3シーズンの目標の技術選予選会への思いが強く、低速種目なんて後よ、アト、と運も実力も無い私が、思っていたのもどうかと思うが、そうだったから仕方が無い。

お世話になっているセンセーのお正月のキャンプで、参加している仲間達に
「全然、受験生って感じがしないよね」

と、誉めていただいているのか、けなされているのか不明なコメントをイッパイいただいたり。

まあ確かに、準指導員検定2年目のような悲壮感は、今回の私にはなかった。

特段の自信は無いし、作戦も無い。

まずは有給休暇が取得できるかが私の当面の目標。

2月に技術選予選と正指導員検定の合わせて2日間の有給休暇が取得できるか、との不安が申し込んだ時点からの不安材料であったりして。

もし、どちらかを選択しろ、と言われたならば、即答で「技術選予選会」を選ぶ予定であった。

けれども、運良く、職場の仕事の状況も、回りの雰囲気も「休んで良いよ」ということになって。

ホント、回りに迷惑を掛けている、と思うし、その方々の協力があっての、自分だと思っておりますです。はい。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう とか めっく とか
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/159
トラックバック