| main | 「Jyunshiへの道〜■補習■」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
「Jyunshiへの道〜■検定会そして結果へ■」

<<検定会>>

ついに来ました検定会私の受験会場は「第4会場 菅平」でした。前回と同じように職場のみなさんにご協力いただいて有休休暇をとり、検定会前日から入りました。前日の最終調整では知り合いの指導員の人が運良くゲレンデにいて「一緒に滑る?」という甘いお誘いにのり最終チェックをしてもらいました。

予想通りバーン状況は良くなく、バーン状況の読みが大事かな?と思ったりもする。しかし当日になって滑りを大幅に変更するテクニックも持ち合わせてはいない・・・。さてどうする?

(自分の講評)

全体的にあまり「よし!」という成果のあった種目はありませんでした。

(以下種目別、ローテーション順)

第1日目

「基礎パラ(大)」
心がけは外足重視で行こうかな?と考えていましたが、バーン状況が柔らかめだったので、インエッジの感覚を重視。何気に4回転.....そう何気に.....をい。

「基礎パラ(小)」
心がけは外足重視で行こうかな?と考えていましたが、あまりにバーンコンディションが良く滑り出したら止まりませんでした.....バリバリ切って滑った記憶が.....確か昨年はエッジのみの滑りで69オールだったような.....やばいかもしれぬ。

「実践パラ(大)」
昨年は得意種目であったが今年はあまり滑っていないので自信が無い。とりあえず6回転(一説によると5ターンでも問題なしらしい)とゴールする時に切れ上がって止まることだけを考え滑る。少々浅かったような気がするが、見ていてくれた方に聞くとそんなことは無かったとのこと....まあ良しとするか.....うんうん。

「実践パラ(小)」
今年一番トレーニングしたのが小回りだったので少々自身ありました。バーンコンディションが最高でした.....まあこれは大丈夫でしょう.....よしよし。

第2日目

「プルークボーゲン」
昨年の検定会で失敗した種目。少々緊張したが滑走順が早く、バーンコンディションが良いうちに滑られたので滑りやすかったです。浅めの弧を狙う作戦でしたが、やはり確実に70を取りに行く作戦に変更。自分的には少々回し込んで滑走性を表現.....多分大丈夫でしょう....ほぅ。

「規制」
この種目はリズムのみ!と考えていたので、最初の滑り出しをかなり深くとって幅を強調し、大回り2回転、中回り2回転、あとは野となれ山となれ....作戦成功.....と思う。

「ステップターン」
インフルエンザで4日間寝込んだ後、体のバランスが悪くなり、上手く滑られなかった種目であったが、斜面設定が昨年よりも易しくなった分気分的に上手く滑られたような....気がした。

「プルークターン」
この種目のバーンははっきり言って<腐ってました>荷重すると50cmは潜ってしまうのではないか....と思うほど。基礎種目の外足重視は止めて、<切って>やったよ....滑走性は良かった.....滑走性はね。

「制限滑走」
私の習ってる先生に「絶対にポールに当たるなよ!」と言われていたので、スーパー慎重に滑りました。滑り終わってから.....ちょっと慎重すぎたか?と思うくらい....ぐぅ。

第3日目

「総合滑降」
お天気も良く、浅間山もきれい!行くぞぉぉぉ!!!とばかりに飛ばしましたが、某情報部員の情報は間違いなく、スピードが出ません....しかしそこはエセカービングターンでごまかし、2番目のウェイブの後はノリノリで「キーン」とか言いながら滑って、最後は切れ上がってストップ。レイアウトも横のスペースを意識し、大回り3回転、中回り2回転、深回り3回転としました。

長々と失礼しましたが、私の感想はこのような感じです。来年は教程等が変わるようなので、参考にはならないかも知れませんが。

以上です。

結果は....まあ無事.....。

| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mecsite.jugem.cc/trackback/145
トラックバック