Jyunshiへの道〜■昨年の反省■
1997-1998シーズンに私が所属するクラブの要請(その時点で1名しか指導員がいなかった)で「準指導員」を受験することとなった。
1級を取得したのが1993-1994シーズンであったので、実に基礎スキーに関する検定は5シーズンぶりということになる。

この5シーズンは「ちょっとスキーが好きな一般スキーヤー」と言う感じであった....もちろん滑ってはいた....。今振り返ってみれば、私にとってこの期間は
スキーに対する情熱の停滞期

であったような気がする。
そして気持ち的な部分も確かに大事であるが、一番重要なのは
技術的に1級の水準が維持できていたのかどうか

と言うところ。滑走日数だけはある程度確保していたので「たぶん大丈夫なのではないか」と自分に言い聞かせてみる.....(屍)。
まあそもそも「ギリギリの1級」であったと思うので、技術の現状維持ができていたとしても、私の場合はスタート台は他の受験生より低かったことは言うまでも無い....ああ。

−−−

準指導員検定に関して「理論の養成講習会」「理論検定会」「実技の養成講習会」「実技の検定会」と何もかもが始めてであり「戸惑い」や「不安」で一杯....。
私が所属するスキークラブ内を見ても設立からそれほど経っていないこともあり、
準指導員検定に関する絶対的な情報

が不足していた。例えば
検定会の時の服装は?まさか....今どき....デモパンですか?。

.....今考えると「とてつもなく恥ずかしい」.....こんな初歩的なことすら情報がなかった。その頃はスキークラブ以外にスキー仲間がいなかったので.....インターネットなどと言うものも活用できず.....単に私の勉強不足という話もありますが.....。

ここまでお話すれば結果は自ずと想像できましたでしょうか?
1997-1998シーズンの準指導員検定は「不合格」

種目的には、私の嫌いな「プルーク系種目」と苦手な「小回り系種目」を落としました。
全種目を滑り終わった時から合格発表までの間では、私的お得意の
「裏付けのない自信」により「合格.....したかも」

と感じていたのですが、そんなに準指導員は甘くはなかったですね。

少し言い訳をさせてもらえれば.....やはり検定種目の流れに対する理解不足が原因であったような気がします。つまり
「プルークボーゲンからダイレクトにパラレルターンに導く」という呪文の理解が不足

していた。これは検定の種目別の結果(得点)が連盟から送られてきて、
自分の中での採点(種目の合否)と実際の採点が大きく異なっていたところ

で裏付けられました。翌シーズンに向けて、
「とりあえず1997-1998シーズンに練習したことは忘れる!」

を自分自信への合い言葉に1998-1999シーズンに突入!
参考:
1997-1998シーズンのトレーニング内容
□ 養成講習会 2回
□ 講習会 2回
□ 自主トレーニング 2回
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
「Jyunshiへの道〜■理論検定■」
「1997-1998シーズンの東●都スキー連盟の準指導員理論検定は難しかった」という感想を持たれている受験者の方は非常に多いのではないでしょうか?

例年....「難しい」「簡単」「難しい」「簡単」...と
時代は繰り返している

ような展開....ということは1998-1999シーズンの理論検定は....あはは....と言う感じになるのだろうか?

「難しかった」という悪しき記憶を振り払うように1998-1999シーズンは一生懸命勉強いたしました.....ちなみにちょっと言わせてもらえれば、1997-1998シーズンも一生懸命でした(屍)。

しかしさすが2シーズン目、
勉強内容について頭に入るスピードが格段に速いです。

「2シーズン目」ということを自慢するようで恥ずかしいのですが.....まあ理論の勉強は順調に進みました。

−−−

「理論の養成講習会」には教程、教本やスキーと安全等々の出版物を忘れないようにしましょう.....私が忘れた....と言うわけではありせん。

養成講習会では「名のある講師の方」が多かった為、
個人的に非常に有益な講習

であったと思います。

また理論の養成講習会&検定に行く際は時間に「ゆとり」を持った方が良いでしょう。

ちなみに私はかなり....危なかったです。

1998-1999シーズンの講習&検定会場は「日本女子体育大学」でした。通常ここに行くときにはJRの「西国立駅」で下車するのですが、誰かに....誰であったか忘れたが.....「『国立駅』で下車してもそんなに変わらない」と聞いていたので、試しに下車.....ここが間違えの始まり.....非常に遠かったです。

それも激熱の日.....。「遠いこと」に気づいたのが遅すぎ.....タクシーも走っていない....走りました.....メロスのごとく....(屍)。

これから検定を受けようと思われている方は是非「時間に余裕を持って」ということを頭に入れておいて下さい......って常識ですな。私が常識無さ過ぎ...ぐぅ。

−−−

東●都スキー連盟の準指導員理論検定は、1998-1999シーズンから解答方式がマークシートに変更されました。この変更が私にとって「吉」と出るか「凶」と出るかが直前まで不安であった....が出題を見てとりあえず
「吉ですな」

という感じであった。

1998-1999シーズンの理論検定は「合格率が非常に良かった」と聞きました。私見ではありますが理由としては、
■ マークシート方式になったこと。

■ 昨年が難しかったため、「今年も難しいのでは」という危機感が受験生の間にあって一生懸命勉強したこと。

なのかと思いました。

ちなみに私の結果ですが「合格」です。理論は.....ね。今回は時間を残すほどの余裕があり.....って大半の受験生がそうであった.....終了時間前に退出することができました。「ちょっとちょっと....もしかして満点ですか」なんて思いましたが、まあ落ち着きのない
「ケアレスミス大魔王」の私

に「満点」などということがあるはずもない....(屍)

1997-1998シーズンも理論は合格したんですよね....理論はね.....。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
「Jyunshiへの道〜■養成講習会■」
1998-1999シーズンの養成講習会の印象は.....りかいふのう....いみふめい.....であるが「だんこ3兄弟」のメロディーに尽きました。菅平高原スキー場といえば、もちろんこの曲
滑ろぉ〜滑ぇろうよ。菅平ぁぁぁ♪と言うフレーズでお馴染み「菅平音頭」

な訳で.....。

しかし今年は「流行り」ということもあり『だんご』が1日に100回くらい流れていたような気がしないでもない。おかげで
『だんご3兄弟』を聞くとプルークボーゲンをしてしまう

という、まるで「パブロフの犬」状態.....(屍)。

−−−

本題に戻っての「指導員養成講習会」の感想をば。
なぜだか.....私の場合.....1997-1998シーズンも養成講習会を受けていた....まあ勉強熱心....ではなくて....

ということもあり「講習の流れ」はガッチリキャッチ.....しているつもり.....とは思ったが、1998-1999シーズンもここに来ているということは.....まあ、本当の意味で講習を理解していなかった....ということになるのではないかと.....(屍)。

1997-1998シーズンは講師の方に言われたことを、
忠実に演技できるか

が自分への命題だったが、1997-1998シーズンに検定に失敗していることもあり、同じことをやっていては、また同じ結果になりそうだったので、1998-1999シーズンは
自分で指導員養成講習会までにトレーニングした演技の良し悪しを講師に判断してもらう

という作戦とする。1997-1998シーズンの「受身的な講習」からの脱皮。私にとっては『思い切った選択』であった。

−−−

>>>>> 第1回目の指導員養成講習会

1回目は3日間であるため、しっかり、くっきり、はっきり、しゃっきり練習することができる。

次回と今回の都合5日間....一緒に受講する班のメンバーと初顔合わせ.....1997-1998シーズンに一緒に講習を受けて、一緒に悔し涙を流した知り合いを発見し
「1998-1999シーズンの健闘を誓い合う」。



他のメンバーはみんな同じ顔に見える.....見えた....すまぬ。

追々覚えて行こうと思う。なにせ2回の指導員養成講習会で計5日間も一緒に滑ることになるから

今から考えるとこの養成講習会で知り合ったスキー仲間は、私のスキー人生の中で非常に重要なものとなった。

受験シーズンは、受験に向けての『傾向と対策』を考えたり、『裏情報』が流出して.....情報交換したり。
クラブという中だけでスキーをやっていると、どうしてもスキーの幅が狭くなりがち.....それを広くするために.....このスキー仲間は本当に大切である。

スキースポーツは個人スポーツであったりしますが、やはり仲間と「わいわい」やるのが無くては.....。

第1回目の指導員養成講習会及び第2回目の指導員養成講習会ともに指導種目を中心に行われました。昨年3つ(プルークボーゲン・プルークターン・基礎パラレル小)も指導種目を落とした私としては、指導種目は是非みっちりとトレーニングしたいところ。

講習会の講師の話は1997-1998シーズンと基本的には一緒(教程等が変わっていないので当たり前かも知れませぬが....)でした。

1997-1998シーズンは失敗しているので、一度種目を全部忘れて再度種目について理解を深めていこう.....と考え望む。大事なことは
「プルークボーゲンからダイレクトにパラレルターンへ結び付けること」。

この準指導員検定をやっていると『呪文』のように繰返される言葉。この言葉をどのように理解するのか。

1998-1999シーズンの指導員養成講習会が終了した時点では、1997-1998シーズンよりも『呪文』についての理解が深まったと思うし、求めているものに自分の理解が近づいているような.....気がした.....気がしただけだったら(屍)。

まあ、なにはともあれ指導員養成講習会が終了した時点では、1997-1998シーズンよりも手応えが合った......ような.....そう、そんな気がした。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
「Jyunshiへの道〜■体調■」
<<体調>>


体調を維持する。それも1シーズンを通じて。

これはかなり難しい。全員という訳では無いのでしょうが、
毎週のようにスキーに出かけ、

朝一からリフト終了まで滑って、

アタマノナカミがパニックになるような講習を受けて....精神的にダメージ受けて、

これで検定会まで『体調を崩すな』という方が無理がある。

もちろん私も例外ではなく受験シーズンにインフルエンザにかかってしまいました。
熱が特にひどく「39度オーバー」....(屍)っていうか本当にシカバネ....。

この熱の影響なのか分かりませぬが、カラダのバランス(感覚)が悪くなり、特に病み上がりでトレーニングを再開した日は最悪で、ポジションの感覚が全然と言っても足りないくらいにダメダメでした。

「どうしよう」などと戸惑いがありましたが、ポジション自体は時間もかからずほぼ復調.....しましたように見えましたが、いざ種目を滑っていみると「ステップターン」がまるでダメダメダメ。

上手く谷足に「足場」を作ることができない。やばいです、やばいです、やばいです。

各種目の仕上がりや、1997-1998シーズンの失敗等を考えても、1997-1998シーズンに合格した種目は、確実にゲットしておいたいところである。あぁぁぁぁどうなることやら.....という気持ちで胸いっぱい(をい)。

体調には十分注意しなくてはならない。と思ったが、思ったときは、時既に遅し。

ちなみに怪我にも注意しなくてはならぬ。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
「Jyunshiへの道〜■補習■」
<<補習>>

「補習」と聞いて何を思い浮かべのでしょうか。

私の場合は「出来が悪いから」。1997-1998シーズンも補習はいろいろ受けさせてもらいました。.....んが、今年は「いろいろ」ではなく「質と量」を増やしてみました。

準指導員の検定を受けるにあたって、10種目の実技検定と理論検定が待っている。つまり少ない滑走日数でどこまで10種目という数を効率よく練習ができるのか。

1997-1998シーズンに受けてみて分かったことですが、やはり「上手い人」は合格しやすい(運もあるので『絶対』という文字はないですな)と思いました。


種目を練習するよりも、質的なところを練習したほうが、種目も上手く滑られる....

と私は考える。

種目を追ってしまうとどうしても「形」にとらわれてしまい、表現したことがうまくジャッジに伝わらない。また1998-1999シーズンもそうであったが、トレーニングしている12月から2月までは雪質等の状況が、実技検定会のときと状況が違いすぎるので、種目を滑る感覚が違ってしまい失敗するケースが多く見られる.....まあ私の場合ですが。

1997-1998シーズン私が失敗したことも、このあたりに原因があるのではと思ったり。
検定バーンで滑り込むと同じ状況であればターンできるが、雪質等が変わるととたんに上手く滑られない。

「ここで荷重して、ここで切り替えて.....」と思いながら滑っていると雪質等が変わるとできなくなる.....やはり動きを自動化し、どんな状況にも合わせた滑りをしなくてはいけないと、「スキーの質の向上」が大切なことが、今年の「補習」で理解できたような気がします。

また講習ばかりであると『受け身』になってしまい、自分で考えて滑ることができなくなってしまうことがありました。


講師の方に見てもらっているときには上手く滑ることができるが、自主トレの場合には上手く滑られない.....。

そんなことが私の場合には良くありまして...これはなぜか、と考えていたなら「自分で考えていないから」ということに結論が結びついたわけでして、やはり自分で理解し、そして考え「受動的な講習」ではなく「能動的な講習」が効率よく講習を受け、上達する秘訣だと実感しました。

1997-1998シーズンは自主トレをかなりの回数行いました。しかし、ある程度「スキーとはなんたるか」が分かっていたらそれでも良いとは思いますが、私のように『駆け出しの人間』には「話を聞く」というのも大事な機会だと思い、1998-1999シーズンは「クラブのイベント」「補習」「養成講習会」を中心として、自主トレは2日間だけにしました。

しかしその自主トレで....板を折った.....です。それも実技検定会まで1ヶ月というところで.....(泣)。これは神様が「おまえはヘタクソなんだから、一人で滑ると種目とかばかりやって、違う方向に進みそうだからやめなさい」という忠告だと感じました(なぞ)。

しかしねぇ.....なにも板を折らなくてもね.....。まあ検定会の当日ではなくてよかったです。「アイテムは技術と目標に合った物を使うべきだ」ということが良く分かりました。準指導員検定を受けるというのに、『初・中級者用のカービング』では....ちょっと.....。
| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
「Jyunshiへの道〜■検定会そして結果へ■」

<<検定会>>

ついに来ました検定会私の受験会場は「第4会場 菅平」でした。前回と同じように職場のみなさんにご協力いただいて有休休暇をとり、検定会前日から入りました。前日の最終調整では知り合いの指導員の人が運良くゲレンデにいて「一緒に滑る?」という甘いお誘いにのり最終チェックをしてもらいました。

予想通りバーン状況は良くなく、バーン状況の読みが大事かな?と思ったりもする。しかし当日になって滑りを大幅に変更するテクニックも持ち合わせてはいない・・・。さてどうする?

(自分の講評)

全体的にあまり「よし!」という成果のあった種目はありませんでした。

(以下種目別、ローテーション順)

第1日目

「基礎パラ(大)」
心がけは外足重視で行こうかな?と考えていましたが、バーン状況が柔らかめだったので、インエッジの感覚を重視。何気に4回転.....そう何気に.....をい。

「基礎パラ(小)」
心がけは外足重視で行こうかな?と考えていましたが、あまりにバーンコンディションが良く滑り出したら止まりませんでした.....バリバリ切って滑った記憶が.....確か昨年はエッジのみの滑りで69オールだったような.....やばいかもしれぬ。

「実践パラ(大)」
昨年は得意種目であったが今年はあまり滑っていないので自信が無い。とりあえず6回転(一説によると5ターンでも問題なしらしい)とゴールする時に切れ上がって止まることだけを考え滑る。少々浅かったような気がするが、見ていてくれた方に聞くとそんなことは無かったとのこと....まあ良しとするか.....うんうん。

「実践パラ(小)」
今年一番トレーニングしたのが小回りだったので少々自身ありました。バーンコンディションが最高でした.....まあこれは大丈夫でしょう.....よしよし。

第2日目

「プルークボーゲン」
昨年の検定会で失敗した種目。少々緊張したが滑走順が早く、バーンコンディションが良いうちに滑られたので滑りやすかったです。浅めの弧を狙う作戦でしたが、やはり確実に70を取りに行く作戦に変更。自分的には少々回し込んで滑走性を表現.....多分大丈夫でしょう....ほぅ。

「規制」
この種目はリズムのみ!と考えていたので、最初の滑り出しをかなり深くとって幅を強調し、大回り2回転、中回り2回転、あとは野となれ山となれ....作戦成功.....と思う。

「ステップターン」
インフルエンザで4日間寝込んだ後、体のバランスが悪くなり、上手く滑られなかった種目であったが、斜面設定が昨年よりも易しくなった分気分的に上手く滑られたような....気がした。

「プルークターン」
この種目のバーンははっきり言って<腐ってました>荷重すると50cmは潜ってしまうのではないか....と思うほど。基礎種目の外足重視は止めて、<切って>やったよ....滑走性は良かった.....滑走性はね。

「制限滑走」
私の習ってる先生に「絶対にポールに当たるなよ!」と言われていたので、スーパー慎重に滑りました。滑り終わってから.....ちょっと慎重すぎたか?と思うくらい....ぐぅ。

第3日目

「総合滑降」
お天気も良く、浅間山もきれい!行くぞぉぉぉ!!!とばかりに飛ばしましたが、某情報部員の情報は間違いなく、スピードが出ません....しかしそこはエセカービングターンでごまかし、2番目のウェイブの後はノリノリで「キーン」とか言いながら滑って、最後は切れ上がってストップ。レイアウトも横のスペースを意識し、大回り3回転、中回り2回転、深回り3回転としました。

長々と失礼しましたが、私の感想はこのような感じです。来年は教程等が変わるようなので、参考にはならないかも知れませんが。

以上です。

結果は....まあ無事.....。

| comments(0) | trackbacks(0) | by ともぞう
| 1/1PAGES |